ミノキシジル効果

ミノキシジル効果/細くなった髪の毛を太く成長させます

ミノキシジル効果

AGA(Androgenetic Alopecia)「男性型脱毛症」の対策には「抜け毛を防ぐ」「髪を太く成長させる」という2段階の対策が最も効果的と言われています。

 

2段階の内、「髪を太く成長させる」為に必要な成分が「ミノキシジル」です。

 

 

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発が始まったんですが、髪を育て脱毛症を回復させる効果があることが発見され、1980年代に製薬会社であるアップジョン社(現在のファイザー社)が、「RogaineR」として販売を始めました。

 

日本では、1985年に大正製薬がアップジョン社と契約を結び、1999年2月に製造承認許可が下り、6月よりミノキシジル1%の「リアップ」として発売が開始されました。

 

その後、2009年にミノキシジル5%の「リアップX5」が発売され、2015年10月には新たに炎症を抑える効果と皮脂を変質させない効果および皮脂を出さない効果の3つの成分を新たに加えた「リアップX5プラス」が発売されました。

 

「リアップX5プラス」は、 一般用医薬品(大衆薬)と言うジャンルであり、日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品は発売されてはいないんです。

 

もともとミノキシジルが、高血圧の治療のための血管拡張薬であり、服用する事によって副作用を引き起こす可能性がある事から、厚生労働省は「医療用医薬品」としての認可をしないのかもしれませんね。

 

一方アメリカでは、1988年8月より医療用医薬品(処方薬)として食品医薬品局(FDA)から承認を受け、発売が始まりました。

 

また、カナダにおいては1986年10月に医薬品として認可を受けています。

 

ミノキシジルの効果をもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

ミノキシジル効果・AGA

AGAとは男性型脱毛症のことで、AndroGenetic Alopeciaを略しています。

 

定義は、「思春期以降に発症する進行型の脱毛症」という事になります。

 

原因は、遺伝、ストレス、病気など、いろいろな要素が考えられていますが、はっきりした原因は解明されていません。

 

そのなかで、原因の一つとして解明されているのが「男性ホルモン」の中のDHT(ジヒドロテストステロン)だと言われています。

 

 

DHTがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられているんです。

 

成長期が短くなることによって、髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまうんです。

 

AGAの脱毛の経過は、こめかみの上から始まり、生え際の後退によりM字型になります。

 

また、後頭部の髪の毛は細くなり、薄毛や完全に禿げ上がってしまう経過をたどります。

 

しかし、薄毛になっても産毛は残っていて、毛包が存在している限り髪の毛が育つ可能性があるんですね。

 

DHTはTH(テストロン)が変換されてできた男性ホルモンなんです。

 

THは、精巣で95%、副腎で5%で作られている男性ホルモンの一種なんです。

 

DHTは、体毛を増やしたりしますが、反面、精力を減退させたり、髪の毛を薄くしてしまう作用があるんです。

 

THは、性欲を強めたり、生殖器や骨格や筋肉を成長させる働きがあります。

 

AGA治療にはDHTを抑える方法が有効と言われています。

 

食事療法や漢方薬での治療が効果的と言われていますが、すべての人に適しているとは言えないのが現状なんですね。

 

AGA治療に効果のあるミノキシジルをもっと詳しく知りたい方はこちらをご参照ください

ミノキシジルとフィナステリド

AGA治療を行う場合、最も効果が見込める方法として「ミノキシジル」と「フィナステリド」の併用があります。

 

「フィナステリド」は飲み薬の「プロペシア」や、「プロスカー」の主成分として知られています。

 

元々フィナステリドは前立腺肥大の治療薬として開発されたんですが、フィナステリドを服用していた患者に毛髪が再成長する効果が認められたため、1997年に男性型脱毛症の治療薬としてFDAに認可されたんです。

 

臨床研究によれば、フィナステリドは頭頂部と生え際の両方に効果があると言われていますが、頭頂部がより効果が高いと言われています。

 

フィナステリドは通常男性のみの処方とされています。

 

妊娠している女性や妊娠可能な年齢の女性は使用してはならない(触れる事もいけないと言う見解もあります)

 

フィナステリドは、抜け毛を防いで髪の毛を太く育てる効果があるとされています。

 

「ミノキシジル」は、血管膨張作用用があるため、飲み薬を使用する場合は医師の全面的な責任において使用する事が厚生労働省によって決められているんです。

 

なので、ミノキシジルを成分とした市販用の育毛剤は「リアップX5」のような、頭皮に直接塗り込むタイプに限られているんです。

 

将来的には育毛の方法も、「毛髪クローニング」といわれる毛包幹細胞を抽出して実験室で増殖させ頭皮に注入するという方法が研究されており、すでにマウスでは成功しているといいます。

 

まだ実験段階ですが、2015年までには実用化されるのでは、とも言われています。

 

「毛髪クローニング」以外にも、毛包の細胞にシグナルを送って若返らせる、という研究も構想されているそうです。

 

科学の進歩とともに、画期的なAGA治療の方法が現れるかもしれませんね。

 

ミノキシジルとフィナステリドをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

ミノキシジルタブレット

リアップなどの頭皮に塗り込むタイプの「ミノキシジル」の他に、服用するタイプのミノキシジルが「ミノキシジルタブレット」です。

 

薄毛の原因は毛髪が長く太く成長する前に、短く細い産毛の過程で抜けてしまうことなんです。

 

髪の毛が生成される過程は、毛根内部の毛乳頭が毛細血管を通して栄養分を吸収し、毛髪生成の指示と共に毛母細胞に栄養を送り出します。

 

次に栄養を受けた毛母細胞は活性化し、分裂を頻繁に行うことによって毛の髪が作られる仕組みなんです。

 

ミノキシジルは「毛乳頭細胞」や「毛母細胞」を活性化させて毛の髪を太く、長く育てる効果があります。

 

ミノキシジルには血管拡張作用があるため、毛細血管の血流が多くなり、髪の毛を育てる栄養分をより多く送り出すことが出来るんです。

 

服用した人の中には、生え際の発毛にも効果があるという報告もあります。

 

ただし、副作用も強く発生すると言われています。

 

副作用の主な症状としては、体毛が濃くなる、頭痛が起こる、めまいや動悸、胸の痛み、顔のむくみなどの症状が報告されています。

 

また、血管拡張作用がある事から、服用すると血圧が下がってしまうため、低血圧の人は血圧が下がりすぎてしまう危険性があるので、医師と相談の上服用する事をお薦めします。

 

リアップなどの塗るタイプのミノキシジルは、頭皮を通して浸透していくので、効果が表れるスピードは遅い傾向にありますが、その分副作用も穏やかなものになるんですね。

 

ミノキシジルタブレットの服用に関しては、「リスク」がある事を自覚する事が必要です。

 

発毛効果の高いミノキシジルタブレットに事ををもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

ミノキシジル・遺伝

「親が禿げていると子供も禿げる」などと言われます。

 

この事には一理あって、生物の基本的な性質の一つとして、生殖によって親から子へと形質が伝わる事は知られています。
この事を「遺伝」と言います。

 

確かに、身体のパーツで親にそっくりな部分は、間違いなくありますよね。

 

遺伝にも種類があって、その一つが「隔世遺伝(かくせいいでん)」です。

 

遺伝の形が、親の代では出現しておらず、祖父母やそれ以上前の世代から世代を飛ばして遺伝しているように見える遺伝現象の事です。

 

「先祖返り」も隔世遺伝の一種で、直接の両親ではなくそれより遠い祖先の形質が子孫に突然現れる事を言うんです。
隔世遺伝よりもさらに遠い祖先の形質が現れる事を言います。

 

このような遺伝とAGAの関係性は間違いなくあると言うのが、専門家の見解なんですね。

 

特に、母方の祖父からの遺伝がAGAに関係していると言うのは、世界の研究者の定説になっています。

 

 

男の子は父親からY染色体、母親からX染色体の受け継ぎペアを作り、女の子は父親からX染色体、母親からX染色体を受け継ぎペアを作ります。

 

AGAに関係する「デンセイホルモン受容遺伝子」と言う遺伝子は、X染色体の中に含まれており、男性ホルモンの働きと関係していると言われています。

 

男性ホルモンは分泌されるときに脱毛作用があるため、「デンセイホルモン受容遺伝子」を遺伝している場合、男性ホルモンによる脱毛が多くなる可能性があると言われているんです。

 

ただ、AGA研究の分野では完全に解明されていない部分が多いのも事実なんです。

 

遺伝でAGAになる事は不安な人には「AGA遺伝子検査」という検査があるんです。

 

綿棒で口内粘膜をこするだけで検査ができる簡単な検査なんです。

 

「AGA遺伝子検査」を早い段階で受けて、適切な予防や治療を受けることが、AGAの進行を防ぐことになるんです。

 

遺伝によるAGAにも治療効果がある治療薬の事をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

円形脱毛症

「円形脱毛症」とは頭髪に丸い脱毛部分が何の前触れもなく出来る症状で、大きさは10円玉サイズ程度が一般的です。

 

「円形脱毛症」にはいくつかの症状が見られるんです。

 

1.単発型

 

「円形脱毛症」の症状としては最もポピュラーなもので、突然頭髪の中に十円玉サイズほどの丸い脱毛部分が出来ます。

 

痒みやフケが大量に出るなどの前兆が脱毛が始まる前に見られます。

 

2.多発型

 

単発型の脱毛部分が2か所以上に見られる単発型から症状が進んだ症状で、脱毛部分が結合して大きくなる場合や、髪の毛に限らず全身のあちこちに出来る事があります。

 

3.びまん型

 

平均的に頭髪全体か抜ける症状です。

 

4.蛇行型

 

後頭部や側頭部の毛の生え際にかけて、文字通り蛇のように細長く脱毛する症状で、主に小さい子供に見られます。

 

5.全頭型

 

多発型の発展した症状で、脱毛部分が多数重なり合い髪の毛だけがすべて抜け落ちる症状です。

 

6.汎発型

 

髪の毛だけではなく、ひげ・すね毛・陰毛など全身の体毛が抜け落ちる症状です。

 

「円形脱毛症」の原因として最も多いものが精神的ストレスなんです。

 

精神的ストレスが必要以上に強すぎたり、長く蓄積されると交感神経に異常をきたします。

 

交感神経とは心臓や肺等などを動かしたり、体温を調節するなどの働きがある神経なんです。

 

つまり、交換神経はストレスを抑える働きのある神経です。

 

交換神経がが何らかの原因で異常をきたす事によって血管を収縮させ、身体全体の血行が悪くなり、円形脱毛症になると考えられています。

 

精神的ストレスの他に遺伝も考えられます。

 

家族に円形脱毛症の人がいる場合、発生する確率も高くなると言われています。

 

どの遺伝子により、症状が出るのかは、まだ解明されていません。

 

その他ホルモンバランスや免疫作用、アトピーなどが原因として考えられています。

 

円形脱毛症の予防に効果がある治療薬はこちらをご参考にしてください

ミノキシジル・通販

ミノキシジルが成分のリアップなどは、薬局の人と直接顔を合わせることが無く、自宅まで届けてくれるインターネット通販を利用して購入している人が年々増加しています。

 

平成27年版総務省情報通信白書によると、平成26年末のインターネット利用者数は、平成25年末より26万人減少して10,018万人(前年比0.3%減)、人口普及率は昨年末と同様82.8%と前年よりわずかに減少しているとの事ですが、パソコンやスマホなどの情報通信機器の普及が飽和状態に近づいている事が原因と見られています。

 

インターネットの利用目的では、「電子メールの送受信」が最も多く、次いで、「商品・サービスの購入・取引」、「動画投稿・共有サイトの利用」と続いています。

 

このように、データからもインターネットを利用しての通信販売がいかに多いか、わかりますよね。

 

ただ、利用者が増える事と比例してトラブルも増えています。

 

最も多いトラブルが、「偽造品(ニセモノ)」を購入させられてしまう事なんです。

 

インターネット上に出回っている薬品の80%が偽造品(ニセモノ)という調査結果もあるくらい、とにかく偽造品(ニセモノ)が多いんです。

 

偽造品(ニセモノ)を扱っている悪質な業者を見分ける方法は、極端に安い値段で販売していないかをチェック、クレジット決済ができるかチェック、会社の所在地がはっきりしているかチェックするなどして下さい。

 

特に、値段の安いものについては要注意です。

 

いくらジェネリック薬が安価とは言っても、最低限のコスト(人件費など)は掛かっているので、極端に安い価格で販売は出来ないと思ってください。

 

薬は身体の中に入る物なので、不衛生で劣悪な環境で作られた偽造品(ニセモノ)は思わぬ副作用を起こす危険性がある事を認識しておきましょう。

 

インターネット通販で簡単に手に入るミノキシジルの育毛剤をもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考にしてください


ホーム RSS購読 サイトマップ